プロフィール

丘澄絵梨奈

Author:丘澄絵梨奈
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

@wiki更新情報&舞台鑑賞記録


みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚歌劇花組公演「外伝ベルサイユのばら-アンドレ編-/EXCITER!!」

公演期間:2009年10月23日~11月22日
観劇日:2009年11月7日・11:00の部(立見・19番)
劇場:東京宝塚劇場

<主なキャスト>

アンドレ 真飛 聖

マリーズ 桜乃彩音

アラン 壮 一帆

ブイエ将軍 星原美沙緒

マロングラッセ 邦 なつき

ジャルジェ将軍 箙 かおる

シモーヌ 夏美よう

カロンヌ夫人 高翔みず希

副官エーベル 眉月 凰

ランバール夫人 絵莉千晶

ドギーヌ夫人 悠真 倫

オスカル 愛音羽麗

ベルナール 未涼亜希

カトリーヌ 桜 一花

アルマン 華形ひかる

フェルゼン 真野すがた


<感想>

午前中、この花組公演のル・サンクが買いたくて、キャトルレーヴまで足を運びました。
ル・サンクを買った後 劇場の前を通りかかったところ、スタッフさんの「本日の公演、当日券を販売しております」といったような声が聞こえ、え!?とビックリ…。
今、当日券って言いました?

販売時間は過ぎていたので(買い物を終えて、劇場前に来たのが10:15頃でした)、とっくに終わっているかと思ったんですが…。
あわててスタッフの方に「当日券の販売、行っているんですか?」と聞きました。
すると「座席券はないかもしれませんが、立見券でしたら販売しています」とのこと。

3年前の雪組公演「ベルサイユのばら オスカル編」での、あの玉砕はいったいなんだったんだろう…?と。

演目は同じベルサイユのばらなのに、通常版と外伝とで これほど差が出てしまうものなのかな?と思いました。

立見券があるのならもう一度見たいなあと思ったので、急遽 当日券(立見券)で11:00からの公演を見てきました。
結構お客さんが並んでいたので、難しいかな…?と思いましたが、無事に購入できました。
立見券・定員の49枚の中に入ることができて うれしかったです。

11:00。 舞台が始まりました。

真飛さんのアンドレは、さらにグレードアップしていました。
前回見たときよりも 包容力というか、深みが増しているように思いました。
やさしくて、一途なアンドレでした。
歌唱もグンと伸びていて 歌声に圧倒されました。

オスカルとの場面、アランとの場面の演技もとてもすばらしかったです。

前半、酒に酔って眠ってしまったオスカルを抱き上げるアンドレ。

この場面、真飛さんが愛音さんをひょいとお姫様抱っこしていて ビックリしました。
前回見たときも、この場面はすごいなあとビックリしましたが、今日も同じ気持ちになりました。

今宵一夜でオスカルへの想いが報われた場面で、アンドレがオスカルを力強く抱きしめる姿が印象に残っています。
真飛さんの力強い抱きしめ方に、アンドレの気持ちがすべて入っているかのようでした。

前回同様、アランたちが目の見えないアンドレを心配して、「残れ」という場面と クライマックスの戦闘場面は涙なしでは見られませんでした。
アンドレが銃弾に倒れ、駆け寄ったアランに「アラン… すまない…」(真飛さんの口がこう動いていました)というアンドレ。 胸がつまりました。

最後の天国の場面。

アンドレのホッとしたような笑顔に、見ている私もあたたかい気持ちになりました。
真飛さんが歌う「愛の記憶」も感情がこもっていました。

アンドレが階段を上っていったところで幕が下りますが その先でオスカルと一緒になったんだろうなあと想像をめぐらせていました。

観劇前に読んだ、ル・サンクの台本(後半のページに台本が掲載されているんです)に「アンドレ、天国の階段をオスカルの元へ上がっていく」とありましたから。

通常はアンドレが先に死んでオスカルはその後なんですが(原作もアニメもです)、この台本を見る限りでは、オスカルはアンドレより先に亡くなっている、という解釈に…(苦笑)。

外伝なので、通常の「ベルサイユのばら」や原作、アニメと切り離して考えればいいのかなぁ…と思いました。


後半のショー「EXCITER!!」はあっという間でした。
最後のフィナーレまでいったとき、え? もう終わり?と思いましたから。

ショーの最後、羽を背負った真飛さんが大階段を下りてきておじぎをする際、「ありがとうございました」と口を動かしていたのが印象に残りました。

思いがけず、当日券で見ることができてうれしかったです。


公演終了後、再びキャトルレーヴに立ち寄りました。

主題歌CDがあれば買いたいなあと思ったからです。

ところが、CDらしきものが見当たらない…。
おかしいなぁ。以前は販売していたのに…と思いながら棚を見回していると、ふと白い貼り紙が目につきました。

「主題歌CDならびにピアノサウンドコレクションは、2009年1月を持ちまして、製作及び販売を終了させていただきます」(←はっきり把握していませんが…)とのこと。

そ…そんなぁ…。

公演DVDは高くてなかなか買うことができないので この主題歌CDが私にとって唯一の楽しみだったのに…。

CDないなら仕方がない、と今回は公演DVDの予約に踏みきりました。
発売日が待ち遠しいです。

ところがその翌日、TCAのサイトを見ていたところ 宝塚の楽曲が配信されていることを知りました(苦笑)。

1曲から購入OKで、アルバム単位での購入もできるそうです。

これは便利だなあと思いました。

「ベルサイユのばら」で検索したところ、今回の「アンドレ編」の曲も配信されていました。

どこで購入しようか迷いましたが、moraにしてみました。

支払いがクレジットカードだけでなく、ウェブマネーも使用可能になっていたので(親がクレジットカード嫌いで、持つことができないんです)、コンビニにウェブマネーを買いに行き 早速 moraにて 花組公演「外伝ベルサイユのばら-アンドレ編-」のすべての曲をダウンロード(購入)しました。

実際に主題歌CDを買うよりも、若干 安く購入できました。

CD-Rに書き込んで、プレーヤーで早速聞いています。

場面のひとつひとつが頭の中に浮かんできますね。

特にお気に入りは「愛の記憶(天国)」です。
公演を見ても幻想的だなあと思いましたが、音だけ聞いても素敵でした。

主題歌CDの店頭販売がなくなってしまったのが非常に残念です。

本拠地の宝塚大劇場まで行けば、カスタマイズCDを作ることができるみたいなんですが 関東在住の私にはそれがかないません。

これからはネットで購入して行こうと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。